書を通して想い伝える書アーティストの徒然日記


by harukana_sho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2007年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

朧展 

ブログで告知が出来なかった・…

写真家の友人が撮影してくれました。
事後報告ですが・・・

c0087173_2350096.jpg


c0087173_23502275.jpg

見に来てくださった皆様、ありがとうございまいした。
ギャラリー董様、色々とお世話になりました。
董さんで開催できて本当によかったなと思いました。
そして・・・
この朧で半年間一緒に作ってきた、もんちさん、ミツダくん
おばっちさん、ありがとう~☆
この展示までの間には色んなことがあって、気持ちが揺れてたり
落ち込んだり、楽しくて興奮したり、切なくなったり・・・
4人でいるという思いでこんなにも充実したグループ展が
出来たことは私にとってまた繋がっていける感情を強く思わ
せてくれました。


金曜日は、しぶしぶ仕事で会場にはいけませんでしたが
KBSの取材がはいりニュースで流してもらえたり、
知り合った表具師さんが、見に来てくれたり・・・
あ~、仕事なんてしてて歯痒いなあと思いました。


土曜日
しばらくしたら何人かもう観に来てくれた。
京都のイシダさん、今回制作してもらった表具師さん
書道会の先生方や後輩達、輪音やとんぼりやコトバノ繋がりの
友達達(大勢で来てくれてありがとう)
ENの仲間のへいちゃん・・・色んな人が入り混じって町家の
空間や作品を楽しんでくれて和やかな気持ちになれた。
書道会でも、普段でもそんなに前に出て何かをするタイプでは
ない私ですが、今の活動を応援してくれていることに
凄く感謝しています。

先日も、師匠がみんなの前で私が若い子を誘って活動して
頑張っているんだから、応援する気持ちを持たないと!
と話したそうだ。
私は、活動しているものの楽しいが悩むことも沢山あり
まだ方向を手探りながら進んでいる。
皆を引っ張るというより助けてもらいながら一緒にしている
感覚です。頼れる先輩にはまだなりきれていませんが、
少しでも役に立てていればと思う。
皆を巻き込んでいる部分もあるだろう・・・


そしてラジオカフェの取材があり、1人ずつお話をしていき
それぞれに凄く興味を持っていただけた。
今の私が書を表現していく糧となることや
『こんな書でロゴやTシャツがあれば・・・』とか
色んな展開が出来そうで楽しくなった。


日曜日も、多くの人が来てくれた!
書道会は、この週は稽古や審査会があるので観に来るのは
無理だと思っていたので申し訳ないなと思っていたが、
来てくれる人もいて嬉しかった。
ちえちえちゃんや、名古屋からやのこさん姉弟、
ENメンバー大集合☆、
皆来てくれて嬉しかったな~
とんぼりのブログで私が告知したのを見た人
董さんで書道の展示を前にされた人とか・・・
書道の後輩が、おばっちさんと数年前の知り合いで
再会したとか・・・
色々ありすぎで、人の出会いや縁を感じた。
一人ずつもっとゆっくり話をしていきたい気持ちが
あったけど沢山の人がきてくれたんでゆっくりも
できず…


みんなの作品は、個々にクオリティが高くお互いに
心地よく響き合っていたと思う。
もんちさんとのコラボ作品を始めてから、書道だけの
世界を飛び越えて、私という作品を作っていきたいと
思った。
今回は、ミツダくんとのコラボが出来た。
新しい試みだったけど、私は信頼感がさきにあり
不思議と不安はなかった。
お互いに知ったもの同士なんだろうね。
また先だけど、違うコラボが実現しそうですよー。

本当に3日間という短い期間でしたが、内容の濃い
素晴らしいグループ展として終わることが出来ました。
もう終わってしまうんだな~と寂しい気持ちになりましたが
またこのメンバーで、この場所で皆がそれぞれの成長を
したときに再び、朧のあかりを灯したいと思います。

それまでに、私もアーティストとして人として
成長していけるようになろう。


董さんのHPで素敵に作品や会場の画像を
載せてもらっています。
是非、覗いて見てください。

http://kyo-machiya-tou.com
[PR]
by harukana_sho | 2007-04-27 23:52

DOJYOJI 終了

長かったようであっという間にすぎたこの数ヶ月。
EN第1回公演『DOJYOJI』
2日間とも沢山の人に来ていただけて凄く充実した時間でした。

思えば、今年に入って舞台をやると話を聞いてから
まだ何もない状態から稽古に少しずつ参加して、色々と
試行錯誤の状態から、こんな凄いことになるなんて!
本当に本番に近づくにつれて皆の気持ちが回を重ねるごとに
大きくなっているのが伝わってきました。

芝居に出るのは、コトバノイベントから数えると2回目ですが
ちゃんと劇場でするのは初めて。
今回は、不思議と心地よい緊張のなかワクワク感が増して
楽しんでできました。

書くだけではなく舞台で演者の一人としていなくては
いけない。
メリハリのある動きや自信を持った視線。
なかなか、ぎこちないですが皆さんにご迷惑をかけないように
自分なりに精一杯頑張りました。
まだまだのところもあるので、これからも色々ご指導ください。

書に関しては、書く回数を重ねるごとに良くなっていると
いってもらえて嬉しかったです。
パネルの準備、毎回ありがとうございました。
照明で、色を付けてもらい更に世界観が伝えられました。

アート活動をしてENができて1年も経っていないのに
色んな経験ができ、人に出会い幸せだなと思います。

書道関係でも、師匠や仲間も観に来てくれていたようで
ありがたいです。
だって、書道の世界にはこんなの無いから^^
まだ師匠にどうだったか聞けてないのが、少しドキドキ
しています。
想像していたのと全然違っていてビックリされてたら
どうしよう~

まあ、これからもこの縁を繋げていって可能性が
広がっていけたらいいな。
c0087173_23425625.jpg

[PR]
by harukana_sho | 2007-04-27 23:43